デジタルカメラ撮影 人物写真 室内エステ編

エステティックサロンのホームページ制作のための写真撮影に行ってきました。 エステティックサロンだけあり、室内は若干暗めで静かな音楽。 写真を撮っているほうが眠くなってしまうような環境です。

さて、写真です。目的はエステメニューの紹介ということで、実際施術している写真を撮りました。 気をつけることはまず、室内が暗いため三脚は絶対必要。そして色温度は4000位まで落としての撮影です。 これをしないと赤っぽい写真になってしまうので気をつけなければいけません。 エステという職業上、清潔なイメージは絶対に必要なのです。

そしてストロボ。これは白い天井に1/4でバウンスでした。強すぎるとモデルさんの顔が手かってしまい、 弱すぎるとどうしてもメリハリのない写真になります。 何度かテスト撮影の後、本撮影に入りました。 ホームページの写真は本当に重要です。一枚の写真で購入を決意するか他のサイトに移ってしまうか。 間違っても写メで撮った写真を商品写真として扱わないように! ちなみに、ISO100 F5.6 S1/4 ストロボ1/4天井バウンスでした。

人物写真