デジタルカメラ撮影基本テクニック 黒いものを黒く撮ろう!

普段写真を撮っていると空やグラウンド、白い壁などが背景にくることが多いため、 露出をブラスにすることで白いものを白く撮ることができます。では今回は黒い(黒っぽい)ものの撮影方法です。

前にも書きましたが、写真というものは18パーセントグレイという色を基準にしています。どういうことかというと、 白から黒までの階調を0~100%とし18%のグレイは露出補正しなくても正確に写すことができます。そして、どのカメラも白いもの黒く、 黒いものは白く写そうとします。そのため撮影時に全体が明るければプラス補正、 全体が暗ければマイナス補正をして実際に写る明るさを調整してあげないといけません。

よく雪景色を映したのにグレイっぽい色になってしまった。なんて経験無はないでしょうか?

今回は先日届いたipod touch(これが自慢したいんじゃないの?)→(実はその通りです)を使って黒いものを撮影してみました。 背景も黒にしました。

露出補正をしないと、黒でも白っぽく写ってしまいますが、写真ではマイナス(1.5)に露出調整してありますのでちゃんと黒く写ります。 黒いものが白っぽくなると安っぽくなってしまうので撮影の際は気をつけてくださいね。

ちなみにFUJIFILMのあの緑は18%だそうです。露出補正なしで、看板をやフィルムのパッケージを写してみてはいかがでしょうか?

デジタルカメラ写真撮影講座 黒いものを黒く撮ろう! デジタルカメラ写真撮影講座 露出補正!