デジタルカメラ撮影基本テクニック 置ピン

子供の運動会や野球、またはF1など、動きの早い被写体を撮影するとき、 どのように撮影されますか?例えば野球の場合、ピッチャーが投げた球をバッターが打ち、 そのボールをカメラで追いながらショートが補給する瞬間を適正なピントとフレーミングで撮影する。 これができれば最高なんですが、なかなかうまくいかないどころか、ほとんどが失敗写真になってしまいます。 うまく撮れたとしても、すでに良い瞬間が過ぎてしまっているとか・・・。

こんなときに使うのが「置きピン」と呼ばれる方法です。詳しく説明しましょう。
一枚目の写真はバッターが三遊間を抜けるランニングホームランを狙える大きな当りを打ったため、 ダイヤモンドを走っているうちにホームベースにピント、露出、絞り、フレーミングを合わせ待ちました。 そしてランナーがホームベースに到達する少し前から、カメラを動かさないように連写を始めます。 そして何枚かの中の一枚がこの写真でした。 ボールをファインダーで追っていたらまず、失敗写真になったことでしょう。

もう一枚(2枚目)はノーアウトランナー1塁。もちろん盗塁が予想できます。 うまくいけば2塁でのクロスプレーですね。
そこであらかじめ2塁にピント、露出、フレーミングなどを余裕を持って合わせ待ちます。そして盗塁。
どうですか?できそうですよね。要はすべての動作を追うと失敗する確立が高くなるので、 狙いを定めてそれに賭ける。的な考えです。欲張らないように!ということですね。

子供たちの躍動感ある本気のプレーを写せたら、 きっと子供にとっても親にとっても良い記念になりますね!頑張りましょうね!

カメラ講座 置ピン1 カメラ講座 置ピン2