デジタルカメラ撮影基本テクニック 料理写真

今回は料理写真です。さて、料理写真で大切ことは何ですか?そうです、おいしく見せることです。 シズル感なんて言葉も使われますよね。
では例を見てみましょう!ポイントは光の当て方に注意することです。
僕の場合は、400Wの大きな照明を斜め後ろから逆光ぎみに当てます。 そして手前が暗くなってしまうので、レフ版にて照明の光を反射させます。 こうすることで、写真の立体感がでてメリハリが出てきます。
あとはその都度絞りで後ろをぼかしたり、きっちりピントが合うように撮影したりします。

もし照明を使うことが出来なければ、窓際に持っていって自然光。
窓が無いときはフラッシュを使わず、三脚でしっかり固定して撮影すれば大丈夫ですよ!

初心者用に専門用語をなるべく使わないように頑張っていますが、分かりますか(^^)?