デジタルカメラ撮影基本テクニック 露出補正

露出補正という言葉を聞いたことがありますか?意味は字のごとく「露出を補正する」です。
露出を補正するというのは、光の量を多くしたり少なくしたり、撮影時に調整して適正露出にすることです。
昔のマニュアルカメラならともかく、現代のフルオートカメラでも必要なんでしょうか?答えは「必要」です。

では思い出してください。雪景色を撮影した時、真っ白な雪が「グレー」に写ったことはないですか?これはカメラの性能ではありません。
カメラは白い被写体も、黒い被写体もグレー(正式には18%グレー)にしようとします。

簡単に言うと、
白っぽい被写体は暗く写るため光を余分に入れてあげる +補正
黒っぽい被写体は明るく写るため光を少なく調整する  -補正

もっと分かりやすく言うと
白いものを白く写したい時は +補正
黒いものを黒く写したい時は -補正
これが露出補正です。では見てみましょう。


露出補正

-2から+2までのゲージがありますよね。このメモリで+-を調整します。
でも疑問に思っていませんか?今まで撮影した写真をお店でプリントしても、 明るすぎる写真や暗すぎる写真なんか見たことないよ!と。 実はプリント時、写真やさんが全て補正してくれているんです。 でもデジタル時代になり、パソコンで写真を管理する人も増えていますね。 だから自分で明るさは管理しましょうね!

難しい話は追々しますので、簡単に理解してくださいね。