デジタルカメラ撮影基本テクニック ISO感度

ISOっていう言葉知ってますか?簡単に言うと感度のことです。 よく分かりませんよね!フィルムの箱に「100」とか「400」という数字を見たことはありませんか?下の写真です。


ISO感度 ISO感度 ISO感度

よく見ると100,400,800という数字が書いてあります。これがISO感度です。 この数字が小さいほど情報量が多くなり画像も綺麗になりますがその分光量もたくさん必要になるので、明るいところでの撮影によく使われます。逆にISO400や800は画像は荒くなりますが、光の量が少なくてすむため、暗いところや、動きの早い被写体を撮影するときに使われます。 これはシャッタースピードや被写界深度などと密接な関係がありますが、また後日説明しますね!

まとめ
ISO感度が小さくなると画質はよくなるが光量がたくさん必要である。
ISO感度が大きくなるほど画質は悪くなるが、少ない光量でも撮影できる。
※風景写真など画質を優先する場合は三脚を使用すればOKです。

デジカメではこのISO感度が一枚ごとに自由に設定できるため、どんな状況でも適切な設定で撮影できるのでとても便利になりました。