シャッタースピードについてもう少し。シャッタースピード1で、 被写体の動きを止めたり、わざと動いているものを表現しました。 それとは別に、朝や夜、屋内など光の量が少ない状況もあります。
光の量が少ないということはシャッターを長い時間開き、光の量をたくさん入れないと光量不足になります。
下の写真は夜の店舗撮影でしたのでシャッタースピードは約2秒でした。手持ちで2秒静止するのは不可能なので、三脚は絶対必要ですよ!

シャッタースピード