デジタルカメラ撮影基本テクニック シャッタースピードその1

今日はシャッタースピードについてです。シャッタースピードというのはシャッターが開いている時間の長さです。 単位は1/1000 ,1/500 ,1/250 .... 1/30 ,1秒などの単位で表します。 もう少しく詳しくいきましょう!例えば1/250(にひゃくごじゅうぶんのいち) 秒は人間では計測できないくらい速いですよね。下にある写真はそれよりも速い1/500秒で撮影しました。 このシャッタースピードにした理由はスポーツなどの動きの早い被写体は、 遅いシャッタースピードだとシャッターが開いている間に被写体が移動してしまうからです。 ボールをみて頂くと分かるのですが1/500秒でも動いているのが分かります。 わざと長いシャッタースピードで動きを表現するというのもありますが、 まずは動きをしっかりと止めるということを意識してみましょう。 2枚目の滝の写真はシャッタースピードを1秒にしました。これは水の流れを止めるのではなく、 流れているように見せたかったからです。三脚は絶対に必要ですので注意してくださいね。 どうでしょうかシャッタースピードの意味が分かりましたか?

シャッタースピード1s シャッタースピード2